いろいろ比較

ミネラルウォーターの成分比較一覧

ミネラルウォーターの成分比較一覧

数え切れないほどの種類が市場に出回っているミネラルウォーター製品ですが、そのうちの主要な20種類をピックアップし、成分がひと目で比較できるよう一覧表にまとめました。

ミネラルウォーターに含まれるミネラル成分、ナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、カリウム(K)と、お水の美味しさに影響する「硬度」、そしてお水の性質を示すpHを、商品ごとに記載してあります。

また、参考として水道局が水道水のPRのため、東京の水道水をボトリングして販売している「東京水」の成分も一緒に記載しました。
水道水とミネラルウォーターとの比較にも役立てていただけたらと思います。

商品名 100mlあたり 硬度 pH
ナトリウム カルシウム マグネシウム カリウム
【参考】東京の水道水(金町浄水場) 1.82mg 2.14mg 0.48mg 0.26mg 73.0mg/L 7.5
いろはす(採水地:北海道) 0.69mg 0.68mg 0.36mg 0.16mg 31.8mg/L 7.9
森の水だより 日本アルプス 0.16mg 0.89mg 0.30mg 0.10mg 34.6mg/L 7.1
アルカリイオンの水 0.80mg 1.30mg 0.64mg 0.16mg 59.0mg/L 8.8-9.4
南アルプスの天然水 0.4-1.0mg 0.6-1.5mg 0.1-0.3mg 0.1-0.5mg 30.0mg/L 7.0
おいしい水 六甲 2.95mg 0.65mg 0.37mg 0.05-0.15mg 32.0mg/L 7.2
晴れと水 0.86mg 0.99mg 0.28mg 0.12mg 36.0mg/L 7.8
四季の恵み 自然湧水 木曽 0.36mg 0.32mg 0.08mg 0.16mg 11.0mg/L 7.0
龍泉洞の水 0.23mg 3.52mg 0.22mg 0.03mg 96.8mg/L 7.6
富士山のしずく 0.44mg 1.40mg 0.52mg 0.16mg 55.0mg/L 7.7
日田天領水 2.20mg 0.96mg 0.19mg 0.84mg 32.0mg/L 8.3
財宝 6.80mg 0.18mg 0.02mg 0.13mg 4.0mg/L 8.9
温泉水99 5.00mg 0.05mg 0.01mg 0.08mg 1.7mg/L 9.5-9.9
富士山のおもてなし アルカリイオン9.70 3.44mg 0.63mg 0.005mg 0.05mg 26.0mg/L 9.7
然-しかり- 霧島火山岩深層水 2.36mg 8.70mg 2.18mg 0.98mg 144.0mg/L 6.4-7.4
カラダこころ水 0.76mg 0.14mg 0.10mg 0.029mg 78.0mg/L 8.5
エビアン 0.70mg 0.80mg 2.60mg 304.0mg/L 7.2
クリスタルカイザー 1.13mg 0.64mg 0.54mg 0.18mg 38.0mg/L 7.6
ボルヴィック 1.16mg 1.15mg 0.80mg 0.62mg 60.0mg/L 7.0
コントレックス 0.94mg 46.80mg 7.45mg 0.28mg 1468.0mg/L 7.4
フィジーウォーター 1.80mg 1.80mg 1.50mg 0.50mg 106.0mg/L 7.7


▼硬度
硬度はお水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まり、それが少なければ「軟水」、多ければ「硬水」になります。
軟水は口当たりまろやかで飲みやすいですが、硬水はミネラル成分が多いぶん飲みにくく感じます。また、日本人は軟水に慣れているため、硬水を飲むとお腹を下してしまう方もいるようです。
ちなみに、WHO(世界保健機構)では硬度の基準を下記のように定めています。

軟水 0~60mg/L未満
中程度の硬水 60以上~120mg/L未満
硬水 120以上~180mg/L未満
非常な硬水 180mg/L以上

▼pH
ミネラルウォーターにはそれぞれ性質があり、酸性・中性・アルカリ性の3つに分けられます。これをわかりやすく数字で表したものが「pH値」で、1~14までの数値で表されます。
この数字が低ければ酸性、高ければアルカリ性になり、水道水の水質基準はpH5.8~8.6(弱酸~弱アルカリ)となっています。
また、pH9〜10の飲用水を特に「アルカリイオン水」
と呼び、胃腸症状の改善に効果があるとされています。
基本的にはpH値が5〜10の間に収まっていれば、飲用として問題ありません。

PAGE TOP